ねんきん特別便

社会

ねんきん特別便

ねんきんとくべつびん

日本の社会保険庁年金加入者に発送する書類。年金加入者の基礎年金番号で管理されている年金記録(加入履歴)が書かれており、年金加入者である国民が自分の年金記録に漏れがないかどうかの確認を促すことを目的として発送される。

まず宙に浮いた5千万件の年金記録年金基礎番号の記録との名寄せを行い、その結果記録が結びつく可能性のある加入者から、段階的に送られる。

  1. 氏名・性別・生年月日が全部一致→平成19年12月〜平成20年1月に送付
  2. 氏名・性別・生年月日の一部が一致→平成20年2月〜3月に送付
  3. 名寄せで送付対象とならなかった年金受給権者→平成20年4月〜5月に送付
  4. 名寄せで送付対象とならなかった被保険者(現役世代)→平成20年6月〜10月をめどに送付

その後は、全加入者に対して年1回「ねんきん定期便」が送付され、年金記録の確認ができるようになる予定。