スマートフォン用の表示で見る

はてなグラフ数値登録API

はてな

はてなグラフ数値登録API

はてなぐらふすうちとうろくえーぴ

このページは古い情報を掲載しています

このページの情報は更新されていません。新しい情報は「はてなグラフ数値登録API - Hatena Developer Center」に移転しました。

※このAPIは非推奨です。現在は はてなグラフapiとは - はてなキーワードAPI をご利用ください。

本ドキュメントについて

本ドキュメントははてなグラフにおける、『グラフデータ登録API』の実装を解説するものです。主にはてなスタッフがその作成と更新を行っています。

変更履歴

  • 2006年 10月26日 dateパラメータの省略に対応
  • 2006年 10月16日 リリース
  • 2007年 06月12日 非推奨に

API仕様の解説

任意のグラフ名、日付、データをPOSTリクエストにより送信することで、グラフの作成、データ追加を行うことの出来るAPIです。

認証

このAPIでは、ユーザー認証にWSSE認証を使用しています。WSSE認証の詳細に関しては、はてなフォトライフAtomAPIのWSSEの項 (http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%cf%a4%c6%a4%ca%a5%d5%a5%a9%a5%c8%a5%e9%a5%a4%a5%d5AtomAPI?kid=88110#wsse) を参照してください。

利用方法

エンドポイントURIに対し、application/x-www-form-urlencodedのデータをPOSTしてください。

エンドポイントは次のURIです。

使用可能なキーは以下の通りです。

graphname
グラフの名前(UTF-8
date
YYYY-MM-DD形式の日付(省略可:省略時は今日の日付)
value
グラフの値

指定されたグラフ名に該当するグラフが存在しない場合はグラフ作成を行った後データ追加、存在する場合は該当日付のデータ上書きを行います。

また、dateが省略された場合は、登録時の日付が自動で設定されます。

リクエストの成否は、レスポンスコードを参照してください。正しく作成された場合は201が返ります。

サンプルプログラム

Perl

認証にはLWP::Authen::Wsseを使用しています。

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use LWP::UserAgent;
use DateTime;

my $ua = LWP::UserAgent->new;
$ua->credentials('graph.hatena.ne.jp:80', '', 'username', 'password');
my $res = $ua->post( 'http://graph.hatena.ne.jp/api/post', {
    graphname => 'graphname',
    date => DateTime->now->ymd,
    value => rand(10)
});
warn $res->content unless $res->code == 201;
exit;

Ruby

gem から Hatena::API::Graph パッケージをインストールします。

# gem install hatenaapigraph
require 'rubygems'
require 'hatena/api/graph'

graph = Hatena::API::Graph.new('username', 'password')
graph.post('graphname', Time.now, rand(10))

tar からインストールしたい場合は

http://rubyforge.org/projects/hatenaapigraph/

からどうぞ。

ruby は 1.8.4 以降のバージョンを利用する必要があります。