まっくろけ節

音楽

まっくろけ節

まっくろけぶし

大正初期に流行したとされる、大正時代を代表する演歌の名曲。一部では「まっくろ節」と表記する事も。

演歌師の添田唖蝉坊*1が作詞・作曲したと言われているが、詳細は定かではない。

大正4年(1915年)9月2日に東京・盛林堂から発行された「近世俚謡歌曲集?」に掲載されている。

後に「オレたちひょうきん族」に登場した「タケちゃんマン7」の悪役キャラ「しっとるケ」のテーマソング「しっとるケ音頭」の原曲として、その名を再び知らしめる事となった。

D

*1:「東京節(パイのパイのパイ?)」を手掛けた添田知道の実父