スマートフォン用の表示で見る

ゆびさきミルクティー

マンガ

ゆびさきミルクティー

ゆびさきみるくてぃー

概略

白泉社 ヤングアニマル誌において短期集中連載されていた、宮野ともちか氏による恋愛漫画

短期集中連載だったにも関わらず、ごく局所的に凄まじい人気を誇り、2003年の14号より本格連載が開始された。
ヤングアニマル誌 2010年の6号で連載終了。

コミック第七巻刊行後、2007年3月29日に発売が予定されていた続刊である第八巻が発売されない状態になっていたが、2009年10月29日に第八巻と第九巻が発売された。2010年7月29日に第十巻が発売され完結した。

ストーリー

女装して写真を撮る趣味を持つ高校一年生・池田由紀は隣に住む女の子・ひだりと小さい頃からの仲のいい幼なじみ。可愛くて美しく成長していくひだりをお姫様のように大切にしているが恋愛感情は全くなく、代わりに仲間との会話からクラスで孤立している黒川水面が気になり仲良くなるため女装で近づく。次第に彼女に惹かれていく由紀。そんな変化に気づいたひだりは隠していた由紀への気持ちを無意識ながら現していく。表面から見えない軋みを抱え始めた三人の気持ち。由紀によって自分を変えた水面。好きという気持ちをはっきりさせたひだり。声変わりという男への成長と共に二人の気持ちを知った由紀の答えは…… 三者三様の成長と気持ちの変化に三人の関係は動き始める。


http://www.mangaoh.co.jp/topic/yubisaki_milktea.php より抜粋