スマートフォン用の表示で見る

アッバース

一般

アッバース

あっばーす

Abbas

イスラム王朝アッバース朝の王家。

家祖はムハンマドの伯父、アッバース・イブン・アブドル・ムッタリブ(西暦566年〜653年)。

アッバース・イブン・アブドル・ムッタリブ

クライシュ族ハシム家の出身。預言者ムハンマドの祖父、アブドル・ムッタリブ(アブド・アル-ムッタリブ)の息子の一人*1ムハンマドの父アブドッラーの兄に当たる。

預言者と同じく成功した商人であり、イスラム共同体においても財政面から貢献している。

彼の息子アブドゥル・イブン・アッバースは七教友の一人として多くのハディースを伝えている。

*1:イブン・アブドル・ムッタリブとは、「アブドル・ムッタリブの息子」の意

*2:十男六女があったとされる