スマートフォン用の表示で見る

アントニオ・グテーレス

社会

アントニオ・グテーレス

あんとにおぐてーれす

António Manuel de Oliveira Guterres

アントニオ・マヌエル・デ・オリベイラ・グテーレス1949年4月30日 - )は、ポルトガル政治家

ポルトガル首都リスボン生まれ。母校であるポルトガルのInstituto Superior Tecnico(インスティトゥト・スペリオールテクニコ)の客員教授でもある。

既婚。子どもは2人。

1981年から1983年までは欧州評議会議員総会員だったほか、「人口統計、移住、難民委員会議長を務めた。また、世界中の社会民主主義的な政党から結成される社会主義インターナショナルで活躍し、1992年から1999年まで副議長を、1999年から2005年6月までは議長を務めた。

ポルトガル首相時代(1995年10月30日から2002年3月)には、東ティモールでの虐殺を阻止するため国際協力に尽力した。

2000年初めには、いわゆるリスボン戦略を採択に導き、また欧州理事会議長として第1回EU欧州連合)・アフリカ首脳会議 の共同議長を務めた。

1991年ポルトガル難民評議会を創設し、1991年から2002年まではポルトガル共和国諮問委員会員を務めた。

ルード・ルベルスが、複数の女性職員に対するセクハラ疑惑で辞任したのを受け、2005年6月15日から国連難民高等弁務官となり、2010年4月の再任を受けて2期目の任務を開始した。