スマートフォン用の表示で見る

ウェスパシアヌス

社会

ウェスパシアヌス

うぇすぱしあぬす

Caesar Vespasianus Augustus。AC9年11月18日生〜AC79年6月23日没。

ローマ皇帝。ネロ帝死後の内乱を収拾して、ティトゥス帝とドミティアヌス帝とに続くフラウィウス朝を創始した。ヴェスパシアヌスとも。

財政再建で業績をあげ、現代でも「最高の国税局長官」という評価が与えられているが、公衆便所の小便を利用する業者から税金を取った「小便税」を制定した事でも有名で、そこから公衆便所を指す「ヴェスパシアーノ」という呼び名が生まれた。

地方都市リエティの中産階級の生まれの軍人出身で、貴族的な気品や教養は欠けていたが、素朴な風格には恵まれて人望は高く、ウィットにも富んでいた。

  • 「匂いがするかね?」(小便税に苦言する息子ティトゥスに徴税したコインを示して)
  • 「お前は、わたしによって死刑になるためには何でも言うつもりのようだが、 私は吠えるからと言って犬を殺しはしないのだよ」(熱心な共和制主義者の主張を根気よく聞き続けた末の言葉)
  • 「私は神になりつつあるようだ」(死期を悟っての言葉)
  • 「最高司令官は立って死ななければならない」(死の間際の言葉)

最終タイトルはImperator Caesar Vespasianus Augustus, Pontifex Maximus, Tribuniciae Potestatis X, Imperator XX, Consul IX, Pater Patriae *1