エッサウィラ

地理

エッサウィラ

えっさうぃら

(Essaouira)

モロッコ王国 マラケシュの西の大西洋岸の港湾都市。名称は「見事な設計」の意で、旧称は「モガドール(Mogador)」。18世紀後半にアラウィー朝のスルターン(君主)が貿易と軍事の拠点として整備させたもので、フランス人建築家が設計を担当したことから、近代ヨーロッパ建築が混在している。