カ号観測機

一般

カ号観測機

かごうかんそくき

第二次世界大戦時に大日本帝国陸軍が開発・運用した観測機

日本で実戦配備されたものとしては唯一のオートジャイロとして知られる。