スマートフォン用の表示で見る

ガ・ゾウム

機動戦士ガンダムZZ』『機動戦士ガンダムUC』に登場するモビルスーツ

ネオ・ジオンアクシズ)の量産型可変MS。型式番号はAMX-008。作業MSを源流とするガザシリーズの発展機ではあるが、フレーム構造を一新し、対艦・対要塞用の戦闘爆撃機として設計されたMA形態への変形機構を有する。大型火器のハイパー・ナックルバスターは、従来のジェネレーター直結式からEパック方式の携行武器へと改められており、総合的な戦闘能力の向上に繋がっている。他に9連装ミサイルランチャー2基、ビームガン兼ビームサーベル2基を装備している。

ガザEと同時期に開発され、当初はこの機体が「ガザE」となる予定であったが、従来のガザシリーズよりも性能向上が著しかったために別名称が与えられた。本機はフレームからの新規設計機であるが、AMX-003ガザC、AMX-006ガザDとパーツの共有率が高かったため、多数が第一次ネオ・ジオン抗争中期以降に投入され、ガザDと共に第一次ネオ・ジオン戦争末期まで第一線で運用された。

宇宙世紀0096年時にもネオ・ジオン残党「袖付き」によって運用されている。