キャッスルヴァニア

ゲーム

キャッスルヴァニア

きゃっするう゛ぁにあ

コナミより2003年11月27日に発売されたPlayStation 2用3Dアクションゲーム

PlayStation 2アーカイブスで2012年8月22日より配信されている。

概要

悪魔城ドラキュラシリーズの一つ。『悪魔城ドラキュラ黙示録』『悪魔城ドラキュラ黙示録外伝 LEGEND OF CORNELL』に続いてシリーズ3作目となる、三人称視点の3Dアクションとなっている。

11世紀の中世ヨーロッパが舞台。常勝と言われる騎士団を率いるレオン・ベルモンド男爵の許嫁サラが、「永遠の夜」と呼ばれる森を支配するヴァンパイアにさらわれてしまう。サラを救うため、教会からの爵位を捨て、彼は単身ヴァンパイアに挑むのだった。

プレイヤーはレオン・ベルモンドを操作して、伝説の鞭“ヴァンパイア・キラー”やサブウェポンそして魔導器を駆使し多彩な攻撃方法で戦う。本作では鞭でのコンボと、サブウェポンと珠(オーブ)を組み合わせることで派手な魔法攻撃を繰り出すことができる新システム「エフェクティブオーブシステム」が加えられている。全7ステージ構成で、一度クリアしたステージにもまた戻って探索できる。レベル制は採用していない。

キャラクターデザイン小島文美、楽曲は山根ミチルが担当している。

タイトルについて

キャッスルヴァニア』(Castlevania)は、元々、悪魔城ドラキュラシリーズの海外版のタイトルとして使用されていた。

悪魔城ドラキュラシリーズは欧米での人気が高いことから、本作と『キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲』『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』では、海外版に合わせて"キャッスルヴァニア"のシリーズタイトルを採用した。しかし、既に"悪魔城ドラキュラ"の名で浸透していた日本では定着しなかったことから、2005年に発売された『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』よりシリーズタイトルが元に戻された。

2010年代、『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ 宿命の魔鏡』で再び"キャッスルヴァニア"のシリーズタイトルが採用されたが、『悪魔城ドラキュラ ロード オブ シャドウ2』でまたもシリーズタイトルが元に戻されている。

関連商品

キャッスルヴァニア

キャッスルヴァニア