スマートフォン用の表示で見る

グレーゾーン金利

一般

グレーゾーン金利

ぐれーぞーんきんり

利息制限法と出資法の間の金利

消費者金融商工ローンなどを含めた金融機関は、原則としては、金銭消費貸借契約における金利を、利息制限法(罰則なし)で定めた上限金利までとしなければならない。ただし、一定の条件を満たした場合だけ出資法(罰則あり)の上限金利29.2%まで認められる。しかし、消費者金融商工ローンの多くは、条件を満たさないまま利息制限法を越えて、出資法を根拠とした金利グレーゾーン金利)を適用している。