スマートフォン用の表示で見る

グングニル

キーワードの候補

3件

一般

グングニル

ぐんぐにる

グングニル(Gungnir)グングニールとも。

主神オーディンが持つ神槍で、グングニルとは『貫く』の意、または剣戟の擬音とも。ロキのいたずらから始まったドヴェルグ(小人族)の腕自慢で作られたもの。必殺必中の威力を持つ投槍で、その威力はグラムを一撃で粉々にするほどであり、ラグナロクにおいてはフェンリルの脇腹を貫いた。鋼の穂先にルーン文字を配することにより、その魔力で貫けない鎧はなく、人の素たる「トネリコの木」で柄が造られているため、どんな武器もこの槍を破壊することはできない。敵に向けて投げつけると自在に手元に戻ってくる魔力を持つ。ラグナロクにおいて、オーディンと共にフェンリルに飲み込まれた。

ある時ロキは、眠っているシフの髪を切り落とした。トールに捕まったロキは、その髪の変わりを見つけることを条件に解放される。ロキは黒妖精の国へ向かい、イーヴァルディの息子たちの住処を訪れた。彼らはその技術を褒め称えられ、神々の感謝を受けるという言葉に惹かれ、仕事を引きうける。作り上げたのは黄金で作り上げた髪の毛で、本物と同様に頭に生えるように魔法がかかっていた。彼らは、炉の火が残っていたので追加として、後にフレイのものとなる魔法の船スキッドブラドニールと、オーディンのものとなるグングニルを作り上げた。

その後ロキは、ブロックルとエイトリという別の小人たちの住処へ向かって宝物を彼らに見せびらかし、これ以上のものを作れるのであれば自分の頭をかけてもいいと言った。彼らはその挑戦を受けた。彼らが見事な作品を作り上げそうだと察したロキは虻に変身して彼らの手などを刺したが効果はなく、彼らは黄金のイノシシであるグリンブルスティと、純金の腕輪ドラウプニル、そして魔法の槌ミョルニルを作り出した。この作業中にロキはブロックルの目を刺したため、ブロックルはふいごを押す手を止めてしまい、火の勢いが弱まった分ミョルニルは柄が短くなってしまった。ロキとブロックルはそれぞれの宝物の価値を神々に仰いだ。神々はそれらの素晴らしさに驚嘆し、唯一巨人族に対抗し得る武器だったミョルニルに価値を認めた。ブロックルは賭けに勝利しロキの頭を要求したが、ロキは「頭はやると約束したが首を切ってはいけない」と言って処刑を免れた。

ゲーム

グングニル

ぐんぐにる

「神のヤリ」の意を持つイナズマイレブンに登場するシュート技。

地面の中の異空間に入り、そこから撃つことによってフィールドに放たれる。

デザーム、砂木沼が使用。

ロングシュートである。

音楽

グングニル

ぐんぐにる

BUMP OF CHICKEN」の曲。

アルバム「THE LIVING DEAD」収録。