コピーライティング

一般

コピーライティング

こぴーらいてぃんぐ

広告宣伝のための文章を書くこと、またはその技術。

インターネットが普及する以前、コピーライティングは、主に、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告や、テレビ、ラジオなどのCMで行われていました。

インターネットが普及した現在では、これまで大企業が自社のイメージを広報していた、イメージ広告に代わり、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)のためのセールスレターにより、あたかもセールスマンが営業するのと同じように、商品・サービスを営業するコピーライティングが盛んに行われるようになりました。

イメージ広告は、その効果がどれくらいあったのかわからず、またテストマーケティングができないというデメリットがあり、巨額の広告費を使える大企業に限られていました。

これに対して、セールスレターは、少額の費用でテストマーケティングが実施でき、量産できるというメリットがあります。

コピーライティングは、アメリカで著名なコピーライターが活躍し、日本でも翻訳された著書が出版されています。

アメリカコピーライターでは、ダン・ケネディ、ジョセフ・シュガーマン、ジョン・ケープルズなどが日本ではよく知られています。

現在、セールスレターのコピーライティングは、情報商材セミナー、物販などで幅広く行われています。

【コピーライティングに関する参考文献】

『ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則』(ジョン・ケープルズ著)

『究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル』(ダン・ケネディ著)

『全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術』(ジョセフ・シュガーマン著)