スマートフォン用の表示で見る

コロニーな生活

ゲーム

コロニーな生活

ころにーなせいかつ

AirH”PHONEでプレイできる、PHSならではの位置情報を利用したゲーム。

2003年5月に登場し、2003年12月1日からは『コロニーな生活II』としてウィルコムの公式コンテンツにもなった。しかし、オリジナルのコロニーな生活と同IIは運営主体が別であり、基本ルール以外の関連は特に無い。

画像は初代「コロニーな生活」のもの。

種類

コロニーな生活

2003年5月に個人で運営が始まった位置情報を利用したゲーム。通称コロニナ

対応機種はDDIポケットAirH”PHONE*1のみ。

コロニーな生活☆PLUSの開始に伴い2005年5月8日サービス終了。

コロニーな生活II

株式会社ホットポットと株式会社ケイ・ラボラトリーにより始まった「コロニーな生活」の公式コンテンツ版。通称コロニナII。

2003年12月に開始。月額150円。

対応機種はAIR-EDGE PHONEなどウィルコムの音声端末のみ。

現在もサービスが続けられている。

詳細は後述。

コロニーな生活☆PLUS

2005年5月1日にコロニナ開発者の手により始まった新しいコロニナ。通称コロプラ

当初はウィルコムauの一部端末のみ対応だったが、現在ではNTTドコモソフトバンクモバイルにも対応している。

コロニナとほぼ入れ替わる形で開始された。しかしコロニナからのデータの引継ぎなどは行われず、全員が新規ユーザーとして開始する形になった。

現在は法人化され、ほぼ無料のまま*2サービスが続けられている。

→ コロニーな生活☆PLUS

コロニナIIの概要

コロニーについて>

コロニーは、9×9のマスからなるバーチャルな空間です。ユーザー登録をすると、一つだけこのコロニーが与えられます。この空間に、土地を作ったり、木を植えたりしてコロニーを育てていきます。そして、位置情報を利用することで、近くにいる他のユーザーと情報交換ができます。コロニーは常にユーザーの頭の上に浮かんでいるようなものなのです。

通貨「キーロ」について>

コロニーを発展させるには、独自の通貨「キーロ」が必要です。このお金は、ユーザーの実際の移動距離が、1km=1キーロとして換算され、貯まっていきます。

また、コロニーの住人「コロックル」が定期的にお金を稼いでくれます。人口が多いほど稼ぎも多くなります。

<かわいいコロックルとの心のふれあい>

コロニーの住民、コロックルにはさまざまなキャラクターがあります。コロックルコロニーの特徴に応じて成長し、お気に入りは待受画像に設定することもできます。

<実際の天気がコロニーに反映される>

ユーザーの登録されている位置情報から実際の天気が割り出され、コロニーに反映されます。雨が降ると水が増えたり、いい天気だと作物がよく育ったりします。もちろん災害が反映されることも…。

バーチャルとリアルをつなげるコミュニケーション機能>

ユーザーの位置情報から、実際に近くにいるコロニーコミュニケーションを図ることができます。コミュニケーションには、ユーザーの掲示板を利用します。 自宅や学校など、日常的に利用している場所のほか、旅行先などで位置登録を行なえば、出先での楽しいコミュニケーションも可能です。

<サービス提供料金>

150円有料メニューとして提供させていただきます。

<アクセス方法>

トップメニュー → エンターテイメント → コロニーな生活II

AirH”PHONEユーザーに熱く支持されてきた人気ゲームサイトが公式化! - ケイ・ラボラトリー

周辺情報

mixiコロニナコミュニティがあるようです。mixiアカウントをお持ちの方は参加してみては。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=55230

*1:のちのWILLCOM WXシリーズ

*2アイテム課金のような有料サービスが一部取り入れられている