スマートフォン用の表示で見る

ゴータマ・シッダールタ

一般

ゴータマ・シッダールタ

ごーたましっだーるた

ゴータマ・シッダールタ(Gautama Siddhartha)

紀元前5世紀頃に活躍した仏教開祖ネパールにいた釈迦族の王子として生まれたが、29歳で出家して35歳で悟りを開いた。80歳で没。

ゴータマは姓で「最良の牛」、シッダールタは名で「目的を達成した者」をそれぞれ意味する。

生存年代については、諸説あり不明。仏教学者・中村元は、前463-383年説をとっている。→釈迦

幸福の科学

ゴータマ・シッダールタ Gautama Siddhartha

2,600年前 インド

釈迦族の王子の身分を捨て、真理を徹底的に追究し、人類最高の悟りを得て仏陀となる。教団は、三宝帰依者を中心とし、身分・性別を問わず、数多くの弟子を養成。また、生涯にわたって全インドを巡錫し、国王をはじめ多くの在家信者を教化した。後代、仏教世界宗教となり、東洋文明の源流となった。