スマートフォン用の表示で見る

サフィン

マラト・サフィン

Marat Safin

誕生日 1980/1/27

データ 193cm 88kg

生誕地 ロシア

利き手    右

バックハンド 両手

ラケット   LIQUIDMETAL Prestige MID

13歳でその才能を見出され、19歳までスペインバレンシアに拠点を移し、テニスの練習に励んでいた。気性が激しく荒削りだが、その豪快なプレースタイルは、早くから専門家の目に留まっていたが、1998年に「ニューカマー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、17歳でプロに転向。その年のチャレンジャーズで11勝5敗という成績を収め、一気に200以上ランキングを上げると、その翌年には全仏オープン、USオープンに登場し、世界のトップ50入りを果たした。1999年に初めてツアー・タイトルを手にし、2000年には、USオープンの優勝を含むツアー7タイトルを勝ち取る。その翌年の始めから腰痛に悩まされ、後半は左膝を痛めたが、2002年は全豪オープンでいきなり準優勝と快調な滑り出しで、パリのマスター・シリーズで優勝するなど、2年ぶりにトップ3入りを果たし、マスターズ・カップ出場や、ロシア代表として臨んだデビス・カップで見事ロシアを優勝に導いた。2003年1月に、今度は右肩を痛めてしまった。復帰しては休養するを繰り返し、結局、99年以降続いていた、ツアー優勝も、この年は達成できず、97以来初めてトップ50から脱落してしまった。しかし、2004年、サフィンは不死鳥のようによみがえった。全豪オープンでいきなり準優勝し、ランキングを86位から32位へとジャンプ・アップさせると、4月のポルトガルで準優勝、モンテ・カルロでベスト4、ローマハンブルグで3回戦、全仏オープンでベスト16と着実に好成績を残していった。USオープンでは1回戦負けと不覚をとったが、アジアへ入ると快進撃を続け、北京で優勝、バンコクでベスト4、マドリッド、パリとマスター・シリーズ連続優勝と、中盤の不調が嘘のような活躍で、マスターズ・カップにも2年振りに出場しベスト4入りし、最終ランキングも4位でシーズンを終える活躍だった。