サフェージュ式

一般

サフェージュ式

さふぇーじゅしき

SAFEGE

サフェージュ式とは、懸垂式モノレールの方式の一つ。

フランスのリュシアン・シャーデンソン (Lucien Chadenson) を中心とする設計チームが1957年に開発した方式で、この方式を開発するためフランス国内の25の企業が集まって結成された企業連合の頭字語 (Société Anonyme Française d' Etude de Gestion et d' Entreprises) である。

それまでの懸垂式モノレールは、 鉄のレールにぶら下がって鉄の車輪で走行する「ランゲン式」と呼ばれるものだったが、鉄車輪だと騒音が大きいことや、走行装置や走路が雨水積雪にさらされるため、天候されやすいという問題があり、これをクリアするために考えられたものである。

概要

鉄でできた箱型断面のレールの中をゴムタイヤの車輪で走行する。また、支点が屋根の上にあるため、カーブでは遠心力で自然に車体が傾き、そのため車体は下の方が幅の狭い形の裾絞り型となる。

電力は箱型断面上部に+の架線が、箱型断面横に−の架線が取り付けられていて、そこから集電する。−の架線 はポイントで電流が断線することのないよう両側についている。

日本における導入

日本では三菱重工業が、サフェージュ式の技術導入に際し日本エアウェイ開発を設立東山公園モノレールで行われた実用試験(1974年廃止)を基に湘南モノレールで本格的に実用化された。

導入鉄道

日本では、湘南モノレールと、千葉都市モノレールがサフェージュ式を導入している。

また、千葉都市モノレール懸垂式モノレールとしても世界最長の営業距離で、ギネス世界記録にも認定されている。