スマートフォン用の表示で見る

サンタ追跡

一般

サンタ追跡

さんたついせき

北アメリカ航空宇宙防衛司令部(通称ノーラッド(NORAD))が行うサンタクロースの追跡。

ノーラッド・トラックス・サンタNORAD Tracks Santa)と呼ばれる。

1955年にコーナッド(CONAD、中央防衛航空軍基地)が開始したものを受け継いでいる。

クリスマスイブの晩に、サンタクロースの動きを衛星で確認し、レーダーで探知して、戦闘機で追跡する。

戦闘機カナダユーコンからメキシコメキシコ・シティーまで飛ぶ。

公式ウェブサイトでは、サンタ追跡の模様が中継される。

2006年に日本を通ったサンタは、追跡の結果、新幹線の100倍の速度で飛んでいたという。