スマートフォン用の表示で見る

サンダードルフィン

一般

サンダードルフィン

さんだーどるふぃん

[英] Thunder Dolphin

サンダードルフィンは、東京ドームシティアトラクションズにあるアトラクションのひとつ。

2003年に開業し、日本初導入となるインタミン社のメガ・コースターを採用したジェットコースターで、定員は24名。

コース距離は1,100m、所要時間は90秒で、最高時速130km/hと東京都内では最も速いコースターである。

ラクーアビルよりも高い位置、80.5mの高さから角度で74度で降下した後はラクーアビルの屋上を走行したり、壁穴を突き抜けたり、センターレス大観覧車ビッグ・オー」の中心をくぐり抜けて再び降下と急上昇を行い、1週目のコースと並走するレイアウトを走行し、ホームへ到着となる。

2010年12月5日、運転中のコースターから部品が落下して地上で跳ね返り、下を通りかかった女児に当たる事故が発生したため、遊園地側は同日より緊急点検のため運転を休止しており、現在も運転休止中となっている。