サントメ・プリンシペ

地理

サントメ・プリンシペ

さんとめぷりんしぺ

São Tomé e Príncipe (葡)


アフリカの沖、ギニア湾に浮かぶ島国。名前の通り、サントメ島とプリンシペ島とその他の島々からなる。

略史

大航海時代ポルトガル人たちが到達。奴隷を入植させてサトウキビプランテーションを営んだ。

さらに奴隷貿易の中継点としても繁栄。1822年には現在に至る主要産品であるカカオの栽培が始まった。

1951年に他のポルトガル植民地と同じく海外州となる。その後、独立運動が始まると、他のポルトガル植民地と同じく弾圧を受ける。「リスボンの春」の後、他のポルトガル植民地と同じく1975年に独立を達成。

以後、一党独裁体制が続いた。1990年に複数政党制を導入する憲法改正が行われ、翌91年には政権交代が行われた。

以後、軍事クーデターが発生しても諸外国の干渉で抑えられるなど、政治的には比較的安定している。