スマートフォン用の表示で見る

ザウバー

スイス・ヒンウィルF1レーシングチーム。「SAUBER」。

概要

スイス人、ペーターザウバーによって設立

82年から事実上のメルセデスワークスとして、耐久レースで活躍。ル・マンなどで実績を挙げた後、91年よりF1プログラムを開始。93年にグランプリデビュー。

レース界でのシルバーアローの完全復活に向けて露払いを務めたが、メルセデスは最終的には独自でモータースポーツ活動を推進していくことになった。

独力でF1への参戦を続けることになったザウバーは、当初フォードと手を組んだが関係は長続きしなかった。

次いで、フェラーリの旧スペックエンジンを使用するようになり、「青いフェラーリ」とも称されるなど、フェラーリと良好な関係を築いていく。

2004年からは耐久性の高いエンジンが要求されるようになったため、フェラーリと同スペックのエンジンが供給されるようになった*1

2005年シーズンは、元ワールドチャンピオンジャック・ヴィルヌーヴと期待の若手、フェリペ・マッサを擁し、中堅チームからの脱却を図っている。

この年から、ミシュランタイヤに移行するなど、フェラーリとの関係が希薄になり*2、6月には、BMWザウバー株を買収し、筆頭株主となることが発表された。

2006年初頭からのチーム名は「BMWザウバー」。

2010年シーズンからはBMWF1活動から撤退・ザウバー株を売却した為、ペーターザウバーによるプライベーターとして活動。ドライバーは小林可夢偉ペドロ・デ・ラ・ロサを起用している。後にデ・ラ・ロサに代えてニック・ハイドフェルドがドライバーとなった。

2012年シーズンは小林可夢偉セルジオ・ペレスをドライバーとして開幕を向かえる予定。

*1フェラーリエンジンは高価な為、エンジンネームを売却し、スポンサーの「ペトロナス」の名を冠している

*2:当時のフェラーリブリヂストンのワークスチーム