スマートフォン用の表示で見る

シャオ

マンガ

シャオ

しゃお

漢字で書くと「小璘」

漫画「まもって守護月天!」に出てくるキャラクター「シャオリン」の略

特徴

中国奥地で語られてきた伝説の中で、守護月天と呼ばれている月の精霊

・支天輪を覗いた太助に呼び出されたことから、彼をご主人様と慕い、不幸から守るために努力している。

・性格は真面目だが、現代の生活に慣れていないために、最初のころは大失敗をすることもあった。

・現在は現代の生活に多少慣れていて、今では太助のクラスメートとなり、ともに学校に行くほどになった。

・優しく思いやりのある太助に、特別な感情を抱きはじめ、シャオと同じく太助を慕っている花織の出現によって、自分の中にある特別な感情に気付きつつある。

太助の言動が気になって仕方ない時もあり。

・翔子の助言のせいもあって以前より積極的になってきたが、“主を守る”という使命の枠を大きく越えてしまい大変なことになった事がある。