シャルル・デュトワ

音楽

シャルル・デュトワ

しゃるるでゅとわ

Charles Dutoit、クラシック指揮者1936年生まれ、スイスローザンヌ出身


モントリオール交響楽団とのさまざまな録音で一世を風靡する。

その後、フランス国立管弦楽団NHK交響楽団の音楽監督も歴任する。

また、札幌で行われるPMFパシフィックミュージックフェスティバル)の音楽監督もこなした。


非常にダンディーな指揮で見やすい。また指揮をしながら結構唸っていることもある。(実演では結構聞こえる)

フランス物、ロシア物の演奏には定評があるが、ドイツ物なども積極的に演奏している。

日本時代に、髪の毛が増えたとか増えていないとか・・・話題にもなった。


現在はオーケストラのポストはないが、客演で素晴らしい音楽を聞かせてくれるだろう。