スマートフォン用の表示で見る

ジーン・バッキー

スポーツ

ジーン・バッキー

じーんばっきー

Gene Bacque

60年代プロ野球選手。ポジションは投手背番号は4番。


1937年8月12日生まれ。米国ルイジアナ州出身。右投右打。

長い手足から繰り出される変化球を武器に活躍。

チャームポイントはバッキースマイル。

1964年、29勝をあげ、阪神タイガースセ・リーグ優勝に貢献。

日本シリーズでは南海ホークスのエースピッチャー、ジョー・スタンカと投げあう。

3勝4敗と惜しくも阪神タイガース日本一にはなれなかったが、沢村賞最優秀防御率など、多くの賞を獲得。

1965年6月28日、読売ジャイアンツ戦でノーヒットノーランを達成。*1

1968年9月18日阪神甲子園球場で行われた読売ジャイアンツダブルヘッダー第2試合で、王貞治らに対して投げた死球危険投球をきっかけに、「バッキー荒川事件」を起こす。

荒川博コーチと殴りあうバッキーに選手達が襲いかかる。

この乱闘は球史に残る史上最悪の大乱闘劇となり、親指の付け根を骨折、投手生命を縮めたという。

1969年、現役引退。

通算勝利 100勝

通算防御率 2.34

引退後は米国で牧場等を経営。

*1:2リーグ分裂後の阪神タイガース初のノーヒットノーラン達成投手でもある。