スマートフォン用の表示で見る

ジャズ・メッセンジャーズ

音楽

ジャズ・メッセンジャーズ

じゃずめっせんじゃーず

Jazz Messengers

1955年に結成されたジャズコンボ(バンド)。

初代リーダーはピアニストホレス・シルヴァーだったが、翌年に脱退。以後、ドラムのアート・ブレイキー(1919-1990)がリーダーとなり、メンバー・チェンジを繰り返しながら、ブレイキー晩年まで活動を続けた。

ブレイキーは若手、新人の発掘に力を注ぎ、リー・モーガンボビー・ティモンズウェイン・ショーターカーティス・フラーフレディ・ハバードキース・ジャレットチャック・マンジョーネシダー・ウォルトンウィントン・マルサリスブランフォード・マルサリス等、ジャズ・メッセンジャーズ出身の人気・実力派ミュージシャンは数多い。


※表記ブレ:ジャズ・メッセンジャースアート・ブレーキー