スーパースコープ

ゲーム

スーパースコープ

すーぱーすこーぷ

任天堂より1993年6月21日にスーパーファミコンの周辺機器として発売された、赤外線ワイヤレス方式のバズーカ型コントローラ(光線銃)。

本体のコネクタ2に接続したレシーバーをテレビの上に置き、スーパースコープを担いで遊ぶ。単三乾電池を6本使用。

見た目は近未来的なバズーカそのもの。

意外に重量があるので肩に負担がかかり、長時間の使用は禁物である。

日本ではあまり人気はあるとは言い難かったが、海外では高い評価を得たらしい。

実写映画「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」でちょこっと登場したり、GC大乱闘スマッシュブラザーズDX」とWii大乱闘スマッシュブラザーズX」で攻撃アイテム・フィギュアとして登場したり、と忘れ去られた存在でもないようだ。

主な対応ソフト