スティーブ・ハケット

音楽

スティーブ・ハケット

すてぃーぶはけっと

:アーティスト :ミュージシャン

Steve Hackett

1950.2.2、ロンドン出身

元・ジェネシスギタリスト

現在はソロで活躍している。

タッピング奏法を始めた人として知られる。

Quiet World

  • "The Road"[1970]

ジェネシス

  • "Nursery Cryme"[1971]・・『怪奇骨董音楽箱』
  • "Foxtrot"[1972]
  • "Genesis Live"[1973]
  • "Selling England by the Pound"[1973]・・『月影の騎士』
  • "The Lamb Lies Down On Broadway"[1974]・・『眩惑のブロードウェイ
  • "A Trick of The Tail"[1976]
  • "Wind & Wuthering"[1976]・・『静寂の嵐』
  • "Second Out"(Live)[1977]

GTR

  • "GTR"[1986]

ソロアルバム

  • "Voyage of the Acolyte"[1975]
  • "Please Don't Touch!"[1978]
  • "Spectral Morning"[1979]
  • "Defector"[1980]
  • "Live"[1981]
  • "Cured"[1981]
  • "Highly Strung"[1982]
  • "Bay of Kings"[1983]
  • "Till We Have Faces"[1984]
  • "Feedback 86"[1986(レコーディングのみ)、後に発売]
  • "Momentum"[1988]
  • "Time Lapse"[1992(live)]
  • "The Unauthorised Biography"[1992(best)]
  • "Guitar Noir"[1994]
  • "Watcher of the Skies:Genesis Revisited"[1997]・・『新約創世記
  • "There Are Many Sides To The Night"[1997]
  • "A Midsummer Night's Dream"[1997]
  • "Tokyo Tape"[1998(live)]
  • "DarkTown"[1999]
  • "Sketches of Satie"[2000]・・『エリック・サティーの風景』
  • "Genesis Files"[2002]
  • "To Watch the Storms"[2003]