スマートフォン用の表示で見る

ゼロパディング

コンピュータで数値?を扱う際にデータの長さ(桁数)を固定長とするために「0」を追加する処理。日時を扱う場合に用いられることも多い。

  • データの長さを3桁にする場合「10」という数値は「010」になる
  • 「2007年10月7日」→「2007年10月07日」
  • 「10時4分」→「10時04分」

ユーザビリティとの兼ね合い

元々はコンピュータソフトウェアの処理のために導入された手法であると考えられるため、一般人には馴染みがない。結果、ユーザの混乱を招く可能性は否めない。特にスクリーンリーダーを用いるユーザは違和感を感じる。

なお、スクリーンリーダーの場合は日時などは適切に読み替える実装を施すことでこの問題は解消可能。