ダヴィデの星

社会

ダヴィデの星

だびでのほし

ユダヤ教を意味するとされる、六芒星幾何学意匠イスラエル国旗の中心にも描かれている。

ただし、六芒星自体は世界中で古くから使用されており、籠目紋として日本の家紋にもある。ダヴィデの星としてユダヤ教のシンボルだとされるようになったのは意外に新しく、20世紀に入ってからのこと。

中世ヒトラー政権下のユダヤ人は、黄色のダヴィデの星マークを衣服に着用するよう義務付けられた。黄色は忌まわしいカラーとされていた。