スマートフォン用の表示で見る

テイエムプリキュア

スポーツ

テイエムプリキュア

ていえむぷりきゅあ

(市)テイエムプリキュア

生年月日2003年4月8日生まれ・牝・黒鹿毛
生産者タニグチ牧場(北海道新冠
パラダイスクリーク
フェリアード
母の父ステートリードン
馬主竹園正繼
管理調教師五十嵐忠男栗東
競走成績37戦4勝(うち地方1戦0勝)2010年11月引退
主な勝ち鞍阪神ジュベナイルフィリーズ 日経新春杯 (2着:エリザベス女王杯
備考2005年JRA賞最優秀2歳牝馬


テイエムプリキュア栗東トレーニングセンター五十嵐忠男厩舎に所属した競走馬テイエムは冠名でプリキュアアニメプリキュアシリーズ」から。命名者はオーナーの実の娘さん(孫娘ではないことに注意。)。日高軽種馬農協が主催する2003年オータムセールにて250万円の安値でオーナーブリーダー竹園正繼氏に競り落とされた。

2005年・2006年・2007年(2歳・3歳・4歳シーズン)

2005年9月3日にデビューし新馬勝ちすると、3連勝で第57回阪神ジュベナイルフィリーズに優勝した。8番人気の勝利は単勝2260円、2着にも9番人気のシークレットコードが入り馬連19200円、3連単は310290円の高配当となった。明けて2006年のチューリップ賞は4着に終わり桜花賞オークスの着外を最後に脚部不安を発症、休養に入った。2007年の京都金杯から復帰するも、以後年内10戦連続して入着すらなく、ダート戦への挑戦も含めて精彩を欠く結果に終わる。

2008年・2009年・2010年(5歳・6歳・7歳シーズン)

2008年緒戦の万葉ステークスで長距離路線に転じると、続く日経新春杯で50キロの軽ハンデを活かして3着し、3連単460670円の波乱を演出した。その後もハンデ戦を中心に使われたが見せ場はなかったものの、アルゼンチン共和国杯4着など長距離の軽ハンデにて逃げて善戦する良績は垣間見え、2009年1月、引退レースを公言して望んだ日経新春杯を11番人気で逃げ切り優勝。約3年ぶりの勝ち鞍を挙げた。この勝利により引退を撤回し、長距離に挑戦。阪神大賞典では9着、天皇賞(春)は殿負けに終る。休養後、京都大賞典でも14着の殿負けに終ったが、エリザベス女王杯ではともに逃げたクィーンスプマンテとともに最大20馬身差をリードし、2着に粘った。有馬記念では14着に終わり、連覇を狙った2010年日経新春杯では12着の殿負けを喫した。半年の休養後函館記念札幌記念を使われたが着外。11番人気で出走したエリザベス女王杯も逃げて失速し17着。このレースを最後に現役を引退、11月17日に登録を抹消された。


テイエムプリキュアの血統


パラダイスクリーク
*Paradise Creek
Irish River Riverman Never Bend
River Lady
Irish Star Klairon
Botany Bay
North of Eden Northfields Northern Dancer
Little Hut
*Tree of Knowledge Sassafras
Sensibility
フェリアード ステートリードン
*Stately Don
Nureyev Northern Dancer
Special
Dona Ysidra Le Fabuleux
Matriarch
ユキグニ
*Yukiguni
Caro *Fortino
Chambord
*Delicate Ice Icecapade
Damascene

リスト::競走馬

目次
    • (市)テイエムプリキュア
    • 2005年・2006年・2007年(2歳・3歳・4歳シーズン)
    • 2008年・2009年・2010年(5歳・6歳・7歳シーズン)
    • テイエムプリキュアの血統