テッド・ウィリアムズ

スポーツ

テッド・ウィリアムズ

てっどうぃりあむず

Theodore Samuel "Ted" Williams

MLBボストン・レッドソックスの選手。「打撃の神様」と称される。

1918年8月30日生まれ。カリフォルニア州サンディエゴ出身。

1939年メジャーリーグデビューし、最多打点(145打点)のタイトルを獲得。

1941年、打率4割を達成。首位打者のみならず、本塁打王のタイトルも獲得。これ以降、MLBで4割を打った打者は現れず、メジャーリーグ最後の4割打者と称される。

三冠王も2回(1942年、1947年)獲得。MLB三冠王を2度獲得した打者は他にロジャース・ホーンスビー?のみ。

その強打に対し、クリーブランド・インディアンズルー・ブードロー監督は、内野手を右に寄せるブードローシフト?と呼ばれる作戦を考案。後に日本で使われる王シフトの原型となった。

第二次世界大戦朝鮮戦争による2度の従軍中を除き、1960年の現役引退までチームを支え、521本塁打、通算打率.344はレッドソックスの球団記録として残っている。背番号9はレッドソックス永久欠番

1966年には野球殿堂入り。

2002年7月5日逝去。自分の死体を冷凍保存する旨の遺言を残したなどで物議を醸した。


* リスト::野球選手