スマートフォン用の表示で見る

テンポイント

スポーツ

テンポイント

てんぽいんと

貴公子と呼ばれた尾花栗毛の華麗な名馬。

トウショウボーイグリーングラスと共にTTGと称され一時代を築いた。


祖母は伝染性貧血症誤診事件の被害馬として有名なクモワカ(血統名は丘高)。テンポイントの馬名は活字書体の見出し扱い、10ポイントに由来する。阪神3歳Sを制し、いち早く1976年のクラシックに名乗りを上げたテンポイントだったが、皐月賞トウショウボーイに完敗しこのシーズンは無冠に終わる。古馬となった1977年春の天皇賞有馬記念を制し年度代表馬に選出される。トウショウボーイを退け優勝した有馬記念は「中山の直線を流星が走りました」の実況と共にライバルトウショウボーイと真の意味でのマッチレースとして名高い。翌1978年海外遠征の壮行レースとして選ばれた日経新春杯に66.5キロの酷量を背負い出走したが、第4コーナーで骨折、競走中止。懸命の手術治療が施されたものの、蹄葉炎を併発するなど闘病は過酷を極め、1978年3月5日衰弱による心不全でその生涯に幕を降ろした。


テンポイント

生年月日1973年4月19日生まれ・牡・栗毛
生産者吉田牧場北海道早来
コントライト
ワカクモ
母の父カバーラップ二世(Cover Up)
馬主高田久成
管理調教師小川佐助(栗東
競走成績18戦11勝
主な勝ち鞍阪神3歳S 東京4歳S スプリングS 京都記念(春) 鳴尾記念 天皇賞(春) 京都大賞典
有馬記念
備考1975年優駿賞最優秀3歳牡馬 1977年年度代表馬、最優秀5歳以上牡馬 1978年マスコミ
1990年顕彰馬 全弟キングスポイント


全競走成績

年月日競馬場距離競走名着順騎手
1975年8月17日函館競馬場芝10003歳新馬1鹿戸明
1975年11月9日京都競馬場芝1400もみじ賞1鹿戸明
1975年12月7日阪神競馬場芝1600阪神3歳S1鹿戸明
1976年2月15日東京競馬場芝1800東京4歳S1鹿戸明
1976年3月28日中山競馬場芝1800スプリングS1鹿戸明
1976年4月25日東京競馬場芝2000皐月賞2鹿戸明
1976年5月30日東京競馬場芝2400日本ダービー7武邦彦
5ヶ月間休養  調整  
1976年10月17日阪神競馬場芝2400京都大賞典3鹿戸明
1976年11月14日京都競馬場芝3000菊花賞2鹿戸明
1976年12月19日中山競馬場芝2500有馬記念2鹿戸明
1977年2月13日京都競馬場芝2400京都記念(春)1鹿戸明
1977年3月27日阪神競馬場芝2400鳴尾記念1鹿戸明
1977年4月29日京都競馬場芝3200天皇賞(春)1鹿戸明
1977年6月5日阪神競馬場芝2200宝塚記念2鹿戸明
4ヶ月間休養  調整  
1977年10月16日京都競馬場芝2400京都大賞典1鹿戸明
1977年11月12日東京競馬場芝18004歳上オープン1鹿戸明
1977年12月18日中山競馬場芝2500有馬記念1鹿戸明
1978年1月22日京都競馬場芝2400日経新春杯中止鹿戸明


テンポイントの血統


コントライト
*Contrite
Never Say Die Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Singing Grass War Admiral
Borealle
Pentience Petition Fair Trial
Art Paper
Bootless The Cobbler
Careless Nora
ワカクモ *カバーラップ二世 Cover Up Alibhai
Bel Amour
Betty Martin Hollyrood
Rhoda F.
丘高 *Theft Tetratema
Voleuse
月丘 Sir Gallahad
星若


リスト::競走馬

目次