デニス・ベルカンプ

スポーツ

デニス・ベルカンプ

でにすべるかんぷ

Dennis Bergkamp

オランダ代表歴のあるサッカー選手2006年現役引退


プロフィール

フルネーム : Dennis Nicolaas Maria Bergkamp (デニス・ニコラス・マリア・ベルカンプ

生年月日 : 1969年5月10日

出身地 : Amsterdam (アムステルダムオランダ

身長・体重 : 185cm・80kg

ポジションセンターフォワード

所属クラブ

1977〜86 : ビルスクラハト / SNLアムステルダム

1986〜93 : アヤックス

1993〜95 : インテルイタリア

1995〜06 : アーセナルイングランド

プレースタイル、経歴など

高い得点能力にくわえ、自由自在にコントロールされるトラップ技術と、込み入った中で発揮される確かな視野とパスセンスを兼備するストライカー。17歳でアヤックスのトップチームデビュー。アヤックス時代には得点王を獲得しているが、アーセナル移籍後は得点を挙げつつ前線でリズムを付ける役目を果たしている。「ボクにとって大事なのは、エレガンスが感じられるプレーだ。ある種のスタイルのある点の取り方をしたい」と言ってのけ、そしてそれが許される選手でもある。


プロのサッカー選手としての評価も非常に高い。アーセナルの監督アーセン・ヴェンゲルは、プレミアリーグアーセナルが躍進した理由として、この当時「アルコールフットボールは切っても切れない」と言われていたチーム内の「アルコール」を刷新できたことに言及し、更に「彼はサッカーの技術だけでなく、プロのサッカー選手としての鑑だ」とベルカンプの技術だけでなくフットボールライフそのものを賞賛した。イングランド以外の国の選手が多数在籍するアーセナルの中でも一際愛され、信頼されるプロフェッショナルサッカー選手でもある。


ヨーロッパ最高のタイトルであるチャンピオンズリーグですらアウェー遠征には帯同しないほどの飛行機嫌いで、彼を見出し、彼が敬愛するヨハン・クライフのニックネーム「フライング・ダッチマン」を引用し、敬意を込めて「アンフライング・ダッチマン」と呼ばれる。その飛行機嫌いにもかかわらず、アウェーユベントス戦のために「チームのために、ボクはフェリーと車で(ロンドンから)トリノに行く」と訴え、監督のアーセン・ベンゲル、そして多くのガナーズに「無理をしなくていい」と引き止められたことがある。


オランダ代表には1990年9月26日のイタリア戦で初招集され、国際大会では1994年と1998年のFIFAワールドカップ、1992年と1996年のUEFAヨーロッパ選手権に出場し、2000年のUEFAヨーロッパ選手権 (EURO2000) を最後に代表を引退。1998年のワールドカップでは素晴らしい活躍を見せ、準々決勝のアルゼンチン戦で試合を決定づける2点目をオランダにもたらしたスーパーゴールは数多くの「エレガンスに富んだ」彼の素晴らしいゴールの中でも、もっとも高く評価され、いまや伝説となっているゴールである。オランダ代表では1990年〜2000年の間に79試合出場し37得点を記録している。


ファーストネームの「Dennis」の由来はかつての名フットボーラー「デニス・ロー? (Denis Law)」から付けられたという。デニス・ロー?が所属していたマンチェスター・ユナイテッド (Manchester United F.C.) とライバル関係になっていくアーセナルに所属しているのは少々皮肉な話ではある。


関連ワード: ベルカンプ