スマートフォン用の表示で見る

トービン税

社会

トービン税

とーびんぜい

投機目的の短期的な取引を抑制するため、国際通貨取引に低率の課税をする制度。

1972年、ジェームズ・トービンによって提唱された。

1994年のメキシコ通貨危機以降、注目を集める。

一部の国だけが導入した場合、外為取引が単に他国へと流れる結果になるため、導入に際しては国際的協調が求められるが、実現には至っていない。