スマートフォン用の表示で見る

ドラフト外

スポーツ

ドラフト外

どらふとがい

プロスポーツにおいて、ドラフト制度以外での指名・入団の呼称。

また、制度により指名された選手、入団した選手を指す。

日本プロ野球界のドラフト外

概要

新人選手選択会議が終了後も、ドラフトで選ばれなかった選手を対象に、

スカウトなど球団関係者が対象選手に直接交渉して入団の道を提供する「ドラフト外入団」制度があった。

ドラフト外の選手の中には入団テストで合格した選手や、規定によりプロ登録が出来ない社会人選手らを「球団職員」という名目の練習生で入団し、解禁後プロ選手としてデビューした事例もある。

1966年以降、これまでに663名がドラフト外で指名され、入団した。

しかし、契約を有利にしようとするケースが活発になったことから、

1992年以降、ドラフト外入団の制度は全面禁止となり、ドラフト指名選手を6人から10人までに、

支配下登録の人数も70人にそれぞれ拡大されることとなった。

現在は練習生、入団テスト合格者もドラフト会議で指名を受けないと入団できない。 但し、その概念は現在の育成ドラフトに引き継がれている。

2011年現在の現役選手

年度選手名球団備考
1989年石井忠徳横浜大洋ホエールズ石井琢朗

bjリーグのドラフト外

概要

新人選手選択会議が終了後も、ドラフトで選ばれなかった選手を対象に、

チーム毎のトライアウトなどでB契約として獲得する制度がある。

練習生として契約後に、プロ契約を交わす場合もあり。

選手

年度球団選手名備考
2005年新潟アルビレックス浦伸嘉 
 埼玉ブロンコス清水太志郎 
  長谷川聖 
  中西恒彦 
  青野和人 
 仙台89ERS村上和之 
  木村洋人 
  松田大地 
 東京アパッチ勝又英樹 
  青木康平 
  仲摩純平 
  信平和也 
  大場康弘 
  青木勇人 
 大阪エヴェッサ竹田智史 
  ビットル・アルフォンソ・アリサ 
  宍戸治一 
  田村大輔 
  城宝匡史 
2006年新潟アルビレックスBB杉山直也
  原口真英 
 埼玉ブロンコス庄司和広 
 大分ヒートデビルズ早川大史 
  与那嶺翼 
 富山グラウジーズ武井修志 
  黒田祐 
  根間洋一 
 高松ファイブアローズ山田大輔 
  宮本真司 
  岡田優 
  山崎哲男 
  田中悠太 
2007年  
 ライジング福岡末廣潤?
  加納督大?