ニコライエフスク

地理

ニコライエフスク

にこらいえふすく

日本名:尼港

英語名:Nikolaevsk

間宮海峡(タタール海峡)をはさんで、樺太(サハリン)と向い合った大陸の、黒龍江

(アムール川)の河口にある最果ての小市街。

大正9年(1920年)5月に起きた尼港事件の舞台である。