ハッピー・マンデーズ

音楽

ハッピー・マンデーズ

はっぴーまんでーず

ドラッグから強盗まで悪行の限りを尽くしてきたショーン・ライダー(vo)率いるマンチェスターのギャング団、ハッピー・マンデイズ。彼らのチンピラ・キャラと、ダンス・ミュージック/ロックの融合というスタイルは、UKロック・リスナーにとって衝撃だった。そして、80年代末から巻き起こったマンチェスタームーヴメントストーン・ローゼズと共に盛り立てる結果となったのである。ダンサブルでファンキーなグルーヴの上を暴れまわる、労働者階級ゆえの鬱積した感情を辛辣に吐露するライダーの歌詞、そして、フィジカルな側面から精神の開放を表現するベズのヴァイブ(=変なダンス)――パンクムーヴメントから綿々と受け継がれてきた、「ユナイテッドキングダムっつう国は愛してるんだけど、そのシステムだけは鼻持ちならねぇ」といったアイロニカルでダークな愛国心に、ダンス・ミュージックの享楽性を持ち込んだ彼らの功績はあまりにも大きい。93年に解散後、ライダーはベズと共にブラック・グレイプを率いて活動していたが、99年には突然マンデイズを再結成させている。