スマートフォン用の表示で見る

バリー・ボンズ

Barry Lamar Bonds

MLB選手。

左投左打、ポジションは左翼手背番号は24→25番。

1964年7月24日生まれ。カリフォルニア州リバーサイド出身。


高校3年時に打率.467で全米高校選抜に選ばれる。

1982年サンフランシスコ・ジャイアンツから2位で指名されるが、契約金で折り合わずアリゾナ州立大学へ進学。

大学3年間では打率.357、45本塁打、175打点を記録し、3年連続でオールスターゲームに選出。

1985年ドラフト6位でピッツバーグ・パイレーツに入団。

1986年5月30日、メジャー昇格。

1990年打率.301、33本塁打、114打点、52盗塁でチームの地区優勝に貢献、初のMVPを受賞。

1992年、3年連続となる地区優勝と2度目のMVPに輝く。

しかし、ワールドシリーズに進めず、FA権利を行使しジャイサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。

2001年、シーズン最多となる73本塁打を記録。

2003年、通算500本塁打、500盗塁を達成し、同時に史上初の「500-500」となる。

2004年9月、史上3人目となる通算700号本塁打を達成。

2006年5月28日、AT&Tパークでのコロラド・ロッキーズ戦4回裏、単独2位となる715号本塁打金炳賢より放った。

7度MVPに選出され、メジャーを代表するスラッガーとして君臨。

2007年8月7日、通算756号本塁打を記録し、ハンク・アーロンの持つMVP記録を更新した。


父親はボビー・ボンズ。従兄弟にレジー・ジャクソン

タイトル