スマートフォン用の表示で見る

パソコンの大先生

ウェブ

パソコンの大先生

ぱそこんのだいせんせい

主にオタクニート無職引きこもりネト充を指すネットスラング

要は「外に出ないで部屋に引きこもってパソコンばかり触っている人」のことである。

「大先生」という言葉は、賞賛や畏敬の意味では決してなく、「パソコンを使うことくらいしか能がない」「しかしそのパソコンすらそれほど詳しいわけではない」という侮辱や嘲笑の意を強く含んだ言葉である。

  • P2Pばかりやるからポート開放とかできる。ただしポートが何なのかはよく分からない。
  • タイピングは人より少し早い。ただし数字や記号などは見ないと打てないという中途半端ぶり。
  • C言語を習得しようとしたがポインタ手前で既に挫折。そのくせ、2ちゃんねるプログラミングスレではfor(i=0;i<=100;i++) {printf("逝ってよし\n");}みたいな書き込みをして自分はプログラミングを知ってるんだぞとアピールする(何故かfor文を使いたがる)。
  • office系ソフトの知識はとても中途半端。excelでセルの足し算だとか簡単な関数などは知っているが、相対参照とか言われても理解できない。
  • デスクトップ改造とかに興味があるからレジストリを少しいじれる。だけどレジストリが何なのかは知らない。
  • パソコンの大先生っぷりをアピールをするために、ネットワーク不調の際は「ping」とか「ipconfig」をDOS上から打って調査しているフリをする。ただし理解できる情報はIPアドレスだけ。

元ネタは2009年1月8日の毎日新聞地方版にに掲載された記事「つながりたい:/7止 引きこもり岩手」の記事中のフレーズより、無職引きこもりから立ち直りつつある27歳の青年を紹介し励ますNPO理事長のセリフ「パソコンの大先生だもんな」がきっかけとなっている。この記事に対し、、「子供相手ならともかく、完全に見下してバカにしてるんじゃないか」「こんな事言われても、ちっとも嬉しくないだろ」「いや、小中学の頃から引きこもりなら、そのレベルから改めてリハビリするしかないんじゃないのか」 などと、ネットの掲示板などで賛否様々な意見が交わされ、広まっていったと考えられる。

使い方

J('ー`)し「ゆうちゃんはパソコンの大先生だから…」

J( 'ー`)し「今日も朝からパソコンの勉強かい?偉いねぇ…」

「ニート」って言うな! (光文社新書)

「ニート」って言うな! (光文社新書)

図説オタクのリアル―統計からみる毒男の人生設計

図説オタクのリアル―統計からみる毒男の人生設計