フアネス

音楽

フアネス

ふあねす

コロンビア人のロック歌手

1972年8月9日生まれ。

本名はフアン・エステバンアリスティサバル・バスケス。フアン・エステバンを縮めて、フアネスとなった。

コロンビア国内でバンド活動をしていたが、2000年にソロデビューしてから大ブレイク。

コロンビア時代のバンド「エキモシス」は、初期にはメタリカなどの影響を受けたメタル色の強いバンドであったが、次第にコロンビアの伝統音楽をとりいれたバンドへと変容していく。ソロ以降も、コロンビアの伝統音楽をとりいれたロックで人気を博している。

本人は「スペイン語でしか歌わない」と言明しているが、アメリカ合衆国ヨーロッパ各国(とりわけドイツ)でも認知度は高い。2008年に発表された"Odio Por Amor"では、歌詞の一節で英語を使用している。また、トニー・ベネットとのデュエットで英語を歌っているが、本人はインタビューで「仕方なかった(笑)」と述べている。しかし、いまだ1曲まるごと英語で歌ったことはない。

スペイン語圏の音楽アウォードの常連。

2005年には、「TIME誌の最も影響力のある100人」と「People誌(英語版)の最も美しい50人」に選ばれた。

2005年12月にはドイツワールドカップサッカーの組み合わせ抽選会、オスロで行われたノーベル平和賞コンサートでも歌っている。

1stアルバム「フィハテ・ビエン」はラテングラミー賞3部門制覇。

2ndアルバム「ウン・ディア・ノルマル」はビルボードラテンチャート92週連続トップ10ランクイン。

彼がコロンビアにもたらした金額は、外貨獲得ランキング3位のコーヒー豆を凌ぐ。

2006年4月初来日を果たし、ライブを行った。2006年11月には、日本で初のツアーをおこなった。2008年ニューアルバム"La vida es un ratico"(『ライフ』)のプロモーション来日。

2008年、コロンビア・ベネスエラ国境で平和コンサートを主催する。翌2009年、キューバにおいて第2回の平和コンサートを主催。

妻は、同じコロンビア人である女優のカレン・マルティネス。ふたりの間には、長女ルナ、次女パロマ、長男ダンテ(飼い犬の名前もダンテである)の3人の子どもがいる。2007年に一度離婚をしているが、数ヶ月で復縁している。

アルバム

  • Fijate Bien『フィハテ・ビエン~気をつけろ!-愛する君へのメッセージ』
  • Un Dia Normal『ウン・ディア・ノルマル~君を想う愛おしい日』
  • Mi Sangre『愛と情熱の絆』
  • La Vida...Es un Ratico『ライフ~愛と情熱の日々』
  • La Vida...Es un Ratico en Vivo(日本未発売)

Mi SangreFijate BienUn Dia Normal (Spkg)Camisa Negra