フィフス・ディメンション

音楽

フィフス・ディメンション

ふぃふすでぃめんしょん

(The Fifth Dimension)

主に1960年代後半に活躍したアメリカのコーラス・グループ。後に夫婦となるマリリン・マックー、ビリー・デイビスJrを含む男女混声の黒人5人組で当初はFour Topsばりのリズム・アンド・ブルースを目指したが成功せずプロデューサー意向でコーラス重視の"Black - Mamas & Papas"のイメージ戦略に変更。当時新進の作曲家であったジミー・ウェッブやローラ・ニーロ歌曲起用が当たり彼らを世に出すきっかけともなった。