ヘディング事件

スポーツ

ヘディング事件

へでぃんぐじけん

1981年、中日ドラゴンズ宇野勝によって引き起こされた事件。

フジテレビ系列の『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』のルーツでもある。

概要

1981年8月26日後楽園球場での読売ジャイアンツ(巨人)戦の先発はエースの星野仙一だった。

巨人は、前年から159試合に渡って連続得点を記録。1年以上に渡って完封負けがない、という恐るべき強力打線である。

星野は、意気込んでいた。自らがその記録を止めてみせる、と。

星野は、初回から気迫みなぎる投球で好投し、6回まで巨人打線を2安打無失点に抑える。完封ペースである。

しかし、7回裏2死1塁から事件は起きる。巨人山本功児が星野から放った打球は、ショート後方に上がった平凡なフライになった。

このとき、星野は、アウトを確信してベンチに戻りかけている。

しかし、ショートを守っていた宇野勝は、おぼつかない足どりで後退していた。

そして、何とか捕球態勢に入ったものの、あろうことか打球をおでこに当ててしまう。

宇野のおでこで跳ねた白球は、小さな放物線を描いて、カバーに来ていたレフト大島康徳の横を抜けていった。

ボールが左翼ポール際まで転々とする間に、1塁走者は悠々ホームイン。

巨人の連続得点記録阻止がならなかった星野は、ホームベース付近でグラブを叩き付けて怒りをあらわにした。

ちなみに打者の山本は、走りに走って本塁を狙ったが、本塁でアウトになった。

試合は、星野が9回を3安打1失点に抑え、2−1で勝った。1失点は、宇野のエラーのせいであり、自責点はゼロ。もし宇野のヘディング事件がなければ、星野が巨人の連続試合得点阻止という記録を作っていたことは間違いない。その記録は結局、同じ中日小松辰雄が175試合で止めるまで続くことになった。

宇野のヘディング事件は、その後、テレビ番組でプロ野球珍プレー大賞に選ばれ、珍プレーの面白さを日本中に広めることとなった。

この事件がきっかけとなって「プロ野球珍プレー好プレー」が放送開始、恒例となり現在に至る。

今や20世紀最大の珍プレーとまで呼ばれるまでになっている。

星野、山本、大島とこのプレーに関わった選手は宇野本人を除き後に監督となる偉大な選手ばかりである。

なお、同日阪神タイガース江本孟紀の退団のきっかけとなった「ベンチがアホやから野球が出来へん」発言があった。