スマートフォン用の表示で見る

ペンシルロケット

サイエンス

ペンシルロケット

ぺんしるろけっと

糸川英夫らによって開発され、戦後の日本宇宙開発の嚆矢となった、直径1.8センチ、全長23センチの小型ロケット

東京都国分寺市において、1955年3月12日に試射ののち、4月12日には公開試射が行われた。