スマートフォン用の表示で見る

ポッテル

アート

ポッテル

ぽってる

Paulus Potter(1625―1654)

オランダの画家。動物画の第一人者

代表作 《若き雄牛》 1647, Oil on canvas, 236 x 339 cm, Mauritshuis, The Hague.

一日また一日 日々 彼は学んでいた。だが忘れるべきではない 学び終わる前に終わりが来たのだということを。彼には師などなく また弟子もなかった。その生涯は 人に教えを施すにも短すぎたのだ。そもそも何を教えることができたというのか?デッサン法か?そんなものはおのずと身につく芸だし教えられるようなものではない。構図とか絵画的効果の技法か?晩年になっても彼はそういったことにほとんど気付くことはなかった。明暗法か?これなどもアムステルダムの工房中で 彼が実践するよりもずっとうまく伝えられていた。というのも明暗法は オランダの田園風景を通じて彼がやっとのことでしかもほんの少ししか思い至らないものだったのだから。(中略)熟練した実践についても 彼の作品がその証しとなるには適していないように 彼自身もそれを教授するには適していなかったのだ。

ウジェーヌ・フロマンタン『昔日の巨匠たち ベルギーオランダの絵画』