スマートフォン用の表示で見る

ムデハル様式

アート

ムデハル様式

むではるようしき

(estilo mudéjar)

アラビア語で残留者を意味する「ムダッジャン」に由来する。レコンキスタの後、残留イスラム教徒スペイン語:mudéjar、mudajjan)の建築様式とキリスト教建築様式が融合したスタイル。特徴は建物の壁面に幾何学文様の装飾を施している。「アラゴンのムデハル建築」はスペインの世界遺産になっている。