リップ・ヴァン・ウィンクル

読書

リップ・ヴァン・ウィンクル

りっぷばんうぃんくる

Rip van Winkle

ワシントン・アーヴィングの短編「リップ・ヴァン・ウィンクル」の登場人物。

ある日狩りに出かけて森の中で迷い、何日か経ってやっと村に戻っていたときには既に数十年の月日が過ぎていた。

という浦島太郎式の怪奇譚。


リップバーン・ウィンクル

リップヴァーンウィンクル