ルナサ・プリズムリバー

ゲーム

ルナサ・プリズムリバー

るなさぷりずむりばー

同人弾幕ゲーム・東方妖々夢Stage4のボスの一人。東方花映塚自機キャラ。


騒霊ヴァイオリニスト(ゲーム中の表記はヴァイオリスト)、ルナサ・プリズムリバー

ルナサは何をやっても優秀な優等生タイプ。何事も曲がったことが嫌いで、正々堂々と勝負して、なお強い。性格はやることはやるが暗い。さらに素直で騙され易い。

得意な楽器は弦楽器、特にヴァイオリンを使用する。普段はソロ演奏を好む。


三姉妹あわせて手足を使わずに楽器を演奏する程度の能力。彼女はその中でも鬱の音を担当する。

三人の演奏は、色々な場所で披露されるが、軽快なリズムとクラシカルな楽器の組み合わせが、陽気な冥界の住人に好まれる様であるなお、演奏自体に付加効果は無いし、癒されもしない。元々楽器無しでも音が出せそうなのに、楽器を使用する。


プリズムリバー三姉妹の長女。妹にメルラン・プリズムリバーリリカ・プリズムリバーが居る。

西行寺家に召集されては演奏をし、報酬としてお花見が約束されており、3人は何か宴があるたびに呼び出され、演奏で場を盛り上げる。いわゆる幽霊ちんどん屋である。妖々夢では、西行寺家で大花見会が行われるとの事で、いつもの様に召喚されていた。


三姉妹が騒霊となった経緯は以下の通り。

貿易商の富豪で貴族であるプリズムリバー伯爵、東の国で幻想郷のマジックアイテムを入手するが、アイテムが原因で「とある不幸な事故」が起こる。それによってプリズムリバー家は崩壊する。

家族を失ったプリズムリバー家の四人の娘は、それぞれ別々に引き取られていったが、四女のレイラだけは思い出の屋敷から別れる事ができなかった。

レイラは姉と別れた寂しさから、アイテムを用いて姉達の姿をした騒霊(ポルターガイスト)を生み出し、屋敷は幻想郷に送られる。

騒霊は、最初の内はただの姉達の幻影、幻聴に過ぎない物だったがそのうち、レイラと会話できるようになり、いつのまにか一緒に生活できる様になる。

そして、レイラは姉達の幻影に助けられて生活、天寿を全うする。

しかし、騒霊たちはレイラが亡くなっても消滅せず、騒霊の名の通りに騒々しくしようと楽器の演奏を取得、ちんどん屋になる。

所有スペルカード