レオン・リー

Leon Lee

プロ野球選手・指導者。 登録名「レオン」。

右投右打、ポジションは一塁手三塁手背番号は7→2番。

1952年12月4日生まれ。米国カリフォルニア州出身。

グランドユニオン高校からマイナーリーグで活躍。

1978年、兄であるレロン・リーの後を追い、ロッテオリオンズに入団。

兄弟でクリーンアップを組み、通算28回の兄弟アベックアーチを記録。

1980年、1981年のパ・リーグ半期優勝に貢献。

オリオンズ屈指の優良外国人選手に数えられる。

1982年、若手の台頭もあり横浜大洋ホエールズに移籍。ジム・トレーシーと共に打撃陣を牽引した。

1985年8月10日、セ・リーグ記録の1試合10打点を挙げる。

同年、110打点の好成績を挙げるも、「チャンスに弱い」理由で解雇


1986年、ヤクルトスワローズに移籍。

1987年現役引退


2003年に再来日し、オリックス・ブルーウェーブの一軍打撃コーチに就任。

同年4月、石毛宏典の解任により5代目監督に昇格。

しかし、日曜日23連敗や29失点などの不名誉な記録を喫し、成績不振により退団・帰国。


2004年、米国マイナーリーグチームの監督に就任。

同年5月、局部を露出し、公然猥褻の疑いで逮捕された。


兄はレロン・リー長男デレク・リー



リスト::野球選手