ローバースカウト

一般

ローバースカウト

ろーばーすかうと

概要

ボーイスカウト運動の中で18歳以上の青年(男女)を対象として活動する部門。

ローバースカウト活動は、青年男女に対して、「ちかい」及び「おきて」を、各自の生活に、より強力に具現化する機会を与えるとともに、自らの有為の生涯を築き社会に奉仕する精神と体力を養うことを目指す。

ローバースカウトのモットーはボーイスカウトと共通で「そなえよつねに (備えよ常に)」

活動目標

ローバースカウトの活動目標は以下のとおり

  • 明確な信仰を持ち、自己の所属する教宗派の行事に進んで参加する。
  • 高度の野外活動により、心身を鍛練しスカウト技能を磨き奉仕能力を向上させる。
  • 自ら課題を設定し、調査、実験及び実習によってこれを研究し、自己の生活をさらに開発する。
  • ビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊、またはベンチャー隊の訓練指導に協力し奉仕する。
  • 地域社会への認識を深め、地域の向上に貢献する。
  • 国際社会の一員として相互理解に努める。

ちかい・おきて

スカウトのちかい

入隊に際して、ローバースカウトは以下の「ちかい」をたてるか、再認します。

私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。

  • 1. 神(仏)と国とに誠を尽くしおきてを守ります。
  • 1. いつも、他の人々をたすけます。
  • 1. からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。

この「ちかい」は、ボーイスカウトベンチャースカウトローバースカウト、成人指導者の全てに共通です。

スカウトのおきて

  1. スカウトは誠実である
  2. スカウトは友情にあつい
  3. スカウトは礼儀正しい
  4. スカウトは親切である
  5. スカウトは快活である
  6. スカウトは質素である
  7. スカウトは勇敢である
  8. スカウトは感謝の心をもつ

この「おきて」は、ボーイスカウトベンチャースカウトローバースカウト、成人指導者の全てに共通です。

入隊

入隊を希望する青年男女は、隊の承認を得て見習いローバースカウト*1となり加盟登録できます。

見習ローバーは、隊の定めた基準に達した後、入隊式*2において、ボーイスカウト経験のない者は「ちかい」をたて、ボーイスカウト経験者は「ちかい」を再認して、正式にローバースカウトとなります。

隊運営と活動

ローバー隊は自ら自治規則(憲章)を設定し、隊(クルー)の型を決め、自治原則により運営されます。

ローバー隊の活動は、ローバー自らが実施する自己研鑽と、隊(クルーまたはグループ)が行う奉仕活動、社交活動及びその他のプログラム活動とによって行われます。

*1:略称は「見習ローバー」ですが、隊の型によっては「スクワイヤー」や「トレイニー」と呼ぶこともあります。

*2:入隊式の時期については、各団で独自に定める事ができます。